ビジネス英語の話す力・聴く力を最短距離で身につける
無料で全機能使い放題(7日間)
↓   ↓   ↓
スタディサプリ ENGLISH
リクルート提供 会員数8万人突破


1. シリコンバレー 1回目記事一覧

私のアメリカ出張の物語は、最初に到着したサンノゼ空港の話からスタートです。それは日本もアメリカもとても暑い 8月の下旬のこと、ついにアメリカ本土(メインランド)に上陸する日がやってきました。それまでアメリカと言えば、半分日本のような(?)ハワイに2度行っただけ。でもまあ、一人じゃないし、なんとかなるかなるでしょう。少し緊張気味だけど...さて、降り立ったのは西海岸カリフォルニア州のサンノゼ空港。成...

飛行機のタラップで喜んだのもつかの間、入国審査で異常に待たされました。1列に何十人も並んでいるのに、1人当たり3〜5分以上かけるんです。いいかげんうんざりしたころ ようやく自分の番がきました。そして私もやっぱり長かったです。思えば、英語が全くできないのに、本物の外人と対面して話さなければならない緊張感、あせり。これを、当然のことながら、事前には実感として分かってなかったんですねえ。よくもまあ、平気...

皆さんは、海外へ出かけるときの現金(現地通貨)は、どのように調達してますか?空港の両替所でしょうか?確かに空港では、両替所の窓口に列ができているのを、よく見かけます。私も以前はそう思っていて、プライベートで海外旅行に行った際には空港で両替してました。それで不足した場合は街中の両替所を利用してました。ですが今回は、旅慣れたメンバ(上司)が、 「カードを持ってれば、ホテルのATMで、お金を下ろせるから...

飛行場では日本で予約しておいた現地の運転手(日本人)付きの車に乗ります。公共交通機関の乏しい、シリコンバレー地区です。これから何日か、私たちの足として、お世話になります。この車で、まず最初の 「さすが アメリカ!」ミニバン、あるいは、SUVというような形の車だったんですが、とにかくデカイんです。今回の出張は全部で5人、しかも入国したばっかなので、各々が大きなスーツケースを引いてるんですが、これらが...

海外出張といえば、食事も楽しみのひとつ。初日の夜に「八町」という日本料理屋に、連れていかれました。あとから判ったことですが、シリコンバレー近辺では日本からの出張者とか、現地の日本人ビジネスマンにはわりと有名な店だったようです。私たちも、現地で活動している人に、連れられて行きました。入った第一印象は、どうってこともない店で、料理のメニュー自体は特に変わっているわけではありません。店員が、アメリカ人で...

話は前後しますが、入国後は、前に書きました車でまずホテルへ行きました。(コストコは、ホテルチェックイン後に昼食に出て、その足で向かいました)泊まったのは シリコンバレーの大動脈101のすぐ脇にあるあまり大きくはないですが きれいなホテル、Plaza Suites。ドキドキ汗をかきながらのチェックインでしたが、その時に宿泊数分の、枚数の小さな紙の朝食注文票が渡されました。その注文票は、卵料理、肉、パ...

ところで、行ったのは西海岸カリフォルニアはシリコンバレー。気候的には、言われている通り カラッとしてました。まあ、8月下旬ですから、当然すっごく暑かったです。真っ青な空に雲ひとつ無く、ジリジリと日(ひ)が照りつけます。でも、木陰に入ると意外に涼しい。東京とか、ふるさとの名古屋に比べて、湿度の違いを感じます。(日本の、特に大都市の夏は、厳しいですよねえ)しかし、不思議なことに、車で30分ほどのサンフ...

訪問先の中に、シスコ(Cisco)という会社がありました。IT業界に身を置く人なら、知らない人はいない、ネットワーク機器の大手です。世界中のネットワークのルータの、かなりの部分がシスコ製だと思います。そこの本社を訪ねたのですが、とにかく広いのです。もともと、シリコンバレー地区は、大体どこも広々ゆったりしたした風景で、そこに散らばるITベンチャーは、Oracle、BEAなど有名な大手を除けば、平屋の...

あるとき,ちょっといいレストランに行きました。場所は、サンフランシスコから有名なゴールデンゲートブリッジを北に渡って少し行った、サウサリート(Sausalito)という、海沿いの小さな街です。そこに,海に張り出して建ててある「SCOMA'S IN SAUSALITO」というシーフードのレストランがあります.そんなに広くはないのですが、ほぼ満席のお客や,ウェイトレスの話し声や笑い声など,とても賑やか...

今回の出張では、2つの大学を訪れる機会がありました。1つは、UCバークレイ(University of California, Berkeley)です。有名な大学のはずですが、お恥ずかしいことに、それまで、その名前を知りませんでした。さすがに、UCLA (University of California, Los Angeles)は知ってましたが。アメリカの大学は、みんなそうなのかどうなのか判りま...

以前の記事で、車がでかい! という話しを書きましたが、本当に車社会です。今回行ったシリコンバレー地区でも、サンフランシスコ市街地を除けば、車が無ければ、身動きできないところばっかりでした。鉄道も あるにはあります。確かに、サンノゼだったか、サンタクララだったかで電車を見かけました。でもそれは、日本の感覚からすると、列車というより路面電車に近いようなもので、それが駅というよりも停留所といったところに...

今回の出張では、現地事務所の人たちと夕食をともにする機会がありました。基本的に日本人が多いのですが、アメリカ人の方が1人入ってました。アメリカに行って食事をするのに、アメリカ人と同席するのは、特に珍しいことではないのですが、その最初の経験が、この時でした。その方とは昼間、事務所で初めて顔をあわせました。仕事関係のプレゼンをやってくれたのですが、もちろん英語でしたので、こちらはなんとなく控えていて、...

前に、UCバークレイのことを書いた記事の冒頭で 「今回の出張では、2つの大学を訪れる機会がありました。」と書きましたが、その2つ目の大学がスタンフォード大学(Leland StanfordJr. University)です。こちらは、特に用事があったわけではなく、時間があったので目的地に行く途中に、寄ってみました。(ほぼ観光目的)スタンフォード大学を少し紹介します。場所は、サンノゼとサンフランシス...

あまり大きな声では言えませんが、上司の計らいで、メンバ全員でサンフランシスコに行く機会がありました。何か(忘れました)の視察という名目だったと思うのですが、平たく言えば観光です。皆、サンフランシスコは初めてだったので、喜んで街中をウロウロしてました。私はというと、元々、半分、観光気分(すいません)でしたので、日本でガイドブックを買って持参してたのですが、それによると、サンフランシスコのDFSのリニ...

せっかくの、初めてのサンフランシスコですからもちろん、観光にも励みました。数人で、名物のケーブルカーにも乗ってみました。ユニオンスクエアの南にあるターミナルから、終点のフィッシャーマンズワーフ(Fisherman's Wharf)まで、いわゆるパウェル・ハイド線(Powell-Hyde Line)です。乗り場では、チケット売り場で、ちゃんと絵柄の付いたチケットを買い、しっかり旅の記念品をゲット!(...

長いようで短かった出張も終わり、いよいよ帰国の日です。最初に記事で書きましたように、入国のときはサンノゼ空港(SJC)だったののですが、訪問先の関係で、帰国はサンフランシスコ空港(SFO)からとなりました。ところで、サンフランシスコ空港の空港コードって、なんで SFOなんでしょう?S と F は判りますが O ってのが不明です。(San Francisco O????)ネットで検索して調べてもどう...