No.005 八町 (シリコンバレーの日本料理店)

ビジネス英語の話す力・聴く力を最短距離で身につける
無料で全機能使い放題(7日間)
↓   ↓   ↓
スタディサプリ ENGLISH
リクルート提供 会員数8万人突破

No.005 八町 (シリコンバレーの日本料理店)

海外出張といえば、食事も楽しみのひとつ。
初日の夜に「八町」という日本料理屋に、連れていかれました。

 

あとから判ったことですが、シリコンバレー近辺では
日本からの出張者とか、現地の日本人ビジネスマンには
わりと有名な店だったようです。

 

私たちも、現地で活動している人に、連れられて行きました。

 

 

入った第一印象は、どうってこともない店で、料理のメニュー自体は
特に変わっているわけではありません。

 

店員が、アメリカ人でなければ、日本の街中によくある店の1軒に
入ったのかと思います。

 

でも、そう感じるのは、私たちが普段、
日本で暮らしているからのようで、

 

例えば、鯖の味噌づけのような家庭的な料理を、
気楽に食べられる店はありがたいのだそうです。

 

 (現地の人に聞いた話し)

 

そして、何よりこの店の名物は、宴会などの最後で
よく注文する鮭茶漬です。

 

普通のお店のように、出来上がった鮭茶漬が出てくるのではなく、
店の人の指示に従って、各自が作るのです。

 

作り方は 今となっては かなり忘れてしまいましたが、
簡単に書けば、

 

取りあえず茶碗に熱いご飯があって、そこに生鮭を何切れか載せ、
ゴマと何か(忘れた)をバラバラっと振りかけ、
最後にお茶をかけるというものです。

 

アメリカシリコンバレー出張訪問記

 

私たちも食事の最後に頂いたのですが、生鮭の表面にサッと熱が通り、
半生状態のような感じになります。

 

これはとてもおいしかったです。

 

皆さんも もし行く機会があったら(?)お試しください。

 

 

ということで、日本人ばかりの気楽な食事も終わり、
前に書きました例の車に乗って、ホテルに帰ります。

 

 

その日は、朝から午後まで日本で過ごし、夕方の飛行機に乗り、
ほとんど眠ったかどうか分からないうちに、サンノゼに到着。

 

そこでまたその日の午前に戻って、あちこち出かけ、
最後の宴会も終わり、ホテルに帰ります。

 

長い長い1日が ようやく終わります。


No.005 八町 (シリコンバレーの日本料理店)関連ページ

No.001 ついにアメリカ・メインランド上陸 (カリフォルニア・サンノゼ空港)
私のアメリカ出張の物語は、最初に到着したサンノゼ空港の話からスタートです。 それは日本もアメリカもとても暑い 8月の下旬のこと、ついにアメリカ本土(メインランド)に上陸する日がやってきました。
No.002 入国審査で冷や汗 (カリフォルニア・サンノゼ空港)
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.003  ATMの前でドキドキ (サンタクララのホテルで)
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.004 さすがアメリカ! (SUV、コスコ(コストコ))
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.006 無愛想コック
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.007 カラッとカリフォルニア!
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.008 シリコンバレー風ランチ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.009 レストランのカード払いに気をつけよう!
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.010 UCバークレイ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.011 車社会
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.012 外人さんと同席
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.013 スタンフォード大学
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.014 DFSは?
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.015 サンフランシスコと言えばやっぱり
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.016 サンフランシスコ空港
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。