No.006 無愛想コック

ビジネス英語の話す力・聴く力を最短距離で身につける
無料で全機能使い放題(7日間)
↓   ↓   ↓
スタディサプリ ENGLISH
リクルート提供 会員数8万人突破

No.006 無愛想コック

話は前後しますが、入国後は、前に書きました車で
まずホテルへ行きました。

 

(コストコは、ホテルチェックイン後に昼食に出て、その足で向かいました)

 

 

泊まったのは シリコンバレーの大動脈101のすぐ脇にある
あまり大きくはないですが きれいなホテル、Plaza Suites。

 

アメリカシリコンバレー出張訪問記

 

ドキドキ汗をかきながらのチェックインでしたが、その時に
宿泊数分の、枚数の小さな紙の朝食注文票が渡されました。

 

その注文票は、卵料理、肉、パンなどについて欲しいものを
チェックするようになってました。

 

肉ならソーセージ、ベーコン、卵料理ならスクランブルエッグ、
目玉焼き、目玉焼き(半熟)などといった感じです。

 

紙の裏面は、同じ内容が日本語で書かれており、
裏面でチェックしてもOKみたいです。

 

毎朝欲しいものをチェックして、食堂のカウンターでコックに渡すと
皿にセットして出してくれます。

 

その他の飲み物、ヨーグルト、フルーツなどは
食堂内で自由に取れます。

 

 

ある朝、私はいつものように注文票にチェックして渡したのですが、
出てきた皿を眺めると、パンだけが抜けているのです。

 

もちろんパンも忘れずチェックしたはずです。

 

 

 私   「bread、bread 」
 コック 「・・・・・」(怪訝な顔)

 

 私   「bread 」
 コック 「・・・・・」
 (おまえの注文したのはこれだろ、という顔で私の皿を指差す)

 

 

この間も他の注文をさばいて客は流れていきます。

 

 

 私   「bread 」

 

 

ようやく彼は、私が先ほど出した注文票を取り出して

 

「ほら、よく見ろよ」という感じで

 

私に見せつけたのです。

 

 

しかし、彼が指差していたのは、なぜか卵料理のところ。

 

私はもっと下の、「パン(白パン)」の自分のチェックしたマークを
指差して、もう一度「bread、bread 」。

 

 

 コック 「White bread?」
 私   「Yes 」

 

 コック (黙って皿にパンを追加)

 

 私   「Thank you 」
 コック 「・・・・・」

 

 

ようやく、朝食にありつけました。

 

しかし私の「bread」って、彼の耳には何に聞こえたのだろう?

 

状況からして 卵料理の何かだとは思うのですが????

 

 

確かにパッと見は インド系かな? と思われる風貌で、
アメリカ人には珍しく、ホントに無口だったので、
ひょっとしたら彼も英語が苦手だったのかも知れません。

 

(と 自分を慰めてみる)


No.006 無愛想コック関連ページ

No.001 ついにアメリカ・メインランド上陸 (カリフォルニア・サンノゼ空港)
私のアメリカ出張の物語は、最初に到着したサンノゼ空港の話からスタートです。 それは日本もアメリカもとても暑い 8月の下旬のこと、ついにアメリカ本土(メインランド)に上陸する日がやってきました。
No.002 入国審査で冷や汗 (カリフォルニア・サンノゼ空港)
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.003  ATMの前でドキドキ (サンタクララのホテルで)
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.004 さすがアメリカ! (SUV、コスコ(コストコ))
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.005 八町 (シリコンバレーの日本料理店)
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.007 カラッとカリフォルニア!
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.008 シリコンバレー風ランチ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.009 レストランのカード払いに気をつけよう!
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.010 UCバークレイ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.011 車社会
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.012 外人さんと同席
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.013 スタンフォード大学
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.014 DFSは?
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.015 サンフランシスコと言えばやっぱり
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.016 サンフランシスコ空港
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。