No.012 外人さんと同席

ビジネス英語の話す力・聴く力を最短距離で身につける
無料で全機能使い放題(7日間)
↓   ↓   ↓
スタディサプリ ENGLISH
リクルート提供 会員数8万人突破

No.012 外人さんと同席

今回の出張では、現地事務所の人たちと夕食をともにする機会が
ありました。

 

基本的に日本人が多いのですが、アメリカ人の方が
1人入ってました。

 

 

アメリカに行って食事をするのに、アメリカ人と同席するのは、
特に珍しいことではないのですが、その最初の経験が、この時でした。

 

その方とは昼間、事務所で初めて顔をあわせました。

 

仕事関係のプレゼンをやってくれたのですが、もちろん英語でしたので、
こちらはなんとなく控えていて、特に話をすることもありませんでした。

 

さて夕方、車2台で近くのレストランへ。

 

行ったのはメイフラワー(五月花 May Flower)という名前の
中華レストランで、10人ほどで丸テーブルを囲みます。

 

 

ここで思わぬことが。

 

 

適当に席に着こうとする私に向かって、いきなり上司が、

 

 

 「英会話の勉強のつもりで、○○(その外人さん)の隣に
  座って、いろいろしゃべってみい」

 

 

え!? でもしかたなく言われたとおり隣同士で座ります。

 

 

すごい緊張です。

 

外人とまともに話した経験なんて、ほぼゼロです。

 

彼の方はと見れば、やる気まんまんなのか
ニコニコしてます。

 

 

取りあえずは、あらためて名前を名乗ったり、趣味らしきことを、
カタコト話したりします。

 

 

 私 「My name is □□.」
 彼 「Hi, my name is ○○.」

 

 

とかなんとか、ポツポツ短い文で、しばらく頑張ったのですが、
すぐに話題も無くなり、会話も減り、

 

その日は、早々にお互いに、他の人と話すようになってしまいました。

 

 

彼とは、その後も仕事の関係で、ごくたまに e-mailを出したり、
訪米時には顔をあわせたり(なぜか飲み屋が多い)して、細々ながら
付き合いが続いてます。

 

なかなかいい人で、例えば私が、一生懸命、辞書を引き引き e-mailを
出せば、お世辞とはいえ

 

 Good to hear from you directly. Your English is very good.

 

などと ほめ言葉を返信してくれます。

 

 

が、直接 顔をあわせると、うーむ、最初のころよりはマシかな?
という程度です。 まだまだこれからです。


No.012 外人さんと同席関連ページ

No.001 ついにアメリカ・メインランド上陸 (カリフォルニア・サンノゼ空港)
私のアメリカ出張の物語は、最初に到着したサンノゼ空港の話からスタートです。 それは日本もアメリカもとても暑い 8月の下旬のこと、ついにアメリカ本土(メインランド)に上陸する日がやってきました。
No.002 入国審査で冷や汗 (カリフォルニア・サンノゼ空港)
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.003  ATMの前でドキドキ (サンタクララのホテルで)
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.004 さすがアメリカ! (SUV、コスコ(コストコ))
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.005 八町 (シリコンバレーの日本料理店)
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.006 無愛想コック
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.007 カラッとカリフォルニア!
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.008 シリコンバレー風ランチ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.009 レストランのカード払いに気をつけよう!
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.010 UCバークレイ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.011 車社会
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.013 スタンフォード大学
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.014 DFSは?
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.015 サンフランシスコと言えばやっぱり
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.016 サンフランシスコ空港
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。