No.028 初めての東海岸

ビジネス英語の話す力・聴く力を最短距離で身につける
無料で全機能使い放題(7日間)
↓   ↓   ↓
スタディサプリ ENGLISH
リクルート提供 会員数8万人突破

No.028 初めての東海岸

今までは、西海岸に行ったときの話題ばかりでしたが、
いちおう、東海岸にも行ったことがあるのです。

 

 

それにしても、東海岸。 「遠いですねー」 の ひと言です。

 

 

実を言えば、西海岸だって、行きは9時間かかって
十分に遠いと思っていたのに

 

成田からニューヨークは、なんと12時間半もかかるんです。

 

 

もうすぐJFK(John F Kennedy Airport)に着陸するという機内。

 

思わず同僚と「遠いっすねー!」と言い合ってしまいました。

 

 

さてさて、ようやく着いた、初めてのニューヨーク。

 

小雨模様で、ちょっと薄汚れた、
まさにニューヨークらしい都会の風景です。

 

アメリカシリコンバレー出張訪問記

 

サンフランシスコでも感じたのですが、ニューヨークでも
ビルの色は、基本的に茶系なんですね。

 

レンガの伝統なんでしょうか。

 

日本の都会を見慣れた目には、新鮮です

 

 

さて、お上りさんよろしく、バッテリーパーク(Battery Park)から
自由の女神(Statue of Liberty)を眺め、(↓とっても小さくしか見えなかった)

 

アメリカシリコンバレー出張訪問記

 

ウォールストリート(Wall Street 意外に狭いところでした)では
証券取引所(NYSE:New York Stock Exchange)を見て

 

テロ(attacks of Sept. 11)の跡地(Point Zero)にも行きました。

 

 

さらに、「ニューヨークの地下鉄は怖い」という固定観念を持つ同僚を
無理やり引きずって、地下鉄にも乗りました。

 

地下鉄ですが、日本の地下鉄を想像していくと、ちよっと、
おもむきが異なります。

 

なんか全体的にクラッシックなんですね、 駅構内や電車の雰囲気が。

 

個人的には、けっこう、こういうの好きでした。

 

 

ただ電車の座席は、プラスチック製で硬かったです。
マクドナルドの、ボックス席のシートみたい。

 

ペンキなどで汚されても、すぐに落とせるためだそうです。

 

 

あと、地下鉄のチケットが、おもしろかったです。

 

日本の電車では、小さな切符の裏面全体に磁気が塗ってありますが、
ニューヨークは、磁気カード式でした。

 

大きさも、クレジットカードぐらいあって
磁気ストライプが付いています。

 

しかし、このカードが紙製なんです。 これには参りました。

 

 

確かに私は、普段から筆圧が強く、私が「H」の鉛筆で字を書いても、
「HBで書いたんでしょう」と言われます。

 

私が閉めた、ビンやカンのフタ(時計回りに回して閉めるヤツ)は、
家族は、誰も開けることができません。

 

 

案の定、チケットの磁気ストライプを、改札機のミゾに通そうとしても
チカラ加減が分からずに、失敗。

 

2度3度、5度6度とやり直しているうちに、紙カードは
ヨレヨレになってしまい、ホントに通れなくなってしまいました。

 

(結局、見かねた駅員さんが、特別に通してくれました。)

 

 

もともとニューヨーク到着が11時半ということで、
あまり時間が無く、

 

行きたかったセントラルパーク(Central Park ふるさと名古屋の同名の
公園よりかなり広いらしい)にも、行けませんでした。

 

 

そんなこんなで、東海岸1日目の夜を迎えます。


No.028 初めての東海岸関連ページ

No.029 さすがニューヨークのステーキ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.030 相手の社長と1日べったり
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.031 ワシントンへ出発
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.032 ワシントン行きの飛行機が欠航
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.033 ようやくワシントン ロナルド・レーガン空港へ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.034 朝のCNNテレビ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.035 ボルチモアの街と食事 − タクシー事件
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.036 ワシントン − スミソニアン博物館、議事堂からホワイトハウス
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.037 ロナルド・レーガン・ビルディングでE−Gov視察
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.038 ワシントン・ダレス国際空港から西海岸サンフランシスコへ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.039 今回のサンノゼのホテルは、フェアモントホテル
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.040 会社の出張で、なぜラスベガス?
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。