No.029 さすがニューヨークのステーキ

ビジネス英語の話す力・聴く力を最短距離で身につける
無料で全機能使い放題(7日間)
↓   ↓   ↓
スタディサプリ ENGLISH
リクルート提供 会員数8万人突破

No.029 さすがニューヨークのステーキ

さて、初めてのニューヨーク。

 

夜は、マンハッタンのホテルに、泊まります。

 

 

6時に、ホテルのロビーで、現地のコーディネーターの方と待ち合わせ、
夕食に出かけます。

 

 

入ったのは、ホテルから歩いてすぐのところにある、
ウォルフガング ステーキハウス(WOLFGANG’S STEAKHOUSE)というところ。

 

歴史を感じさせ、高級感ただよう店内では、すでに多くの方々が
静かに そして少しざわざわと、食事を楽しんでいます。

 

ステーキハウスというぐらいですから、当然、私たちもステーキ。

 

西海岸では、どうもあまりいい印象は無かったのですが、
さすがマンハッタンは違いますね、ここのはおいしかったです。

 

 

食べに行ったのは4人でしたが、ティーボーンステーキの3人前
というのを、注文しました。

 

すると、大きな皿から、はみ出さんばかりの“まっ黒な”ステーキが
運ばれてきました。

 

この黒こげには驚きました。 火力が強いのでしょうね。

 

 

もちろん、食べやすいように、帯状にナイフが入れてありました。

 

さっそく自分の皿に取って食べたところ、中は、ほど良く赤く、
肉汁も十分にあって、おいしかったです。

 

 

価格は、ワインを1本付けて、デザート&コーヒーを付けて
4人で 288ドル(約3万円)。

 

もちろん、パンやサラダなどは付いてます。

 

恐らく、この手の店としては、特に高くはないのでしょうね。

 

(私としては、十分に高額ですが。)

 

 

さて、ホテルに帰ったら、さっそくe-mailで、いま食べたステーキのことを
妻に報告しようと、ノートPCの用意。

 

LAN接続と、ダイヤルアップの、両方の準備をして行ったのですが、
今回のホテルは、幸いにも各部屋にLANが来てました。

 

アメリカシリコンバレー出張訪問記

 

が、私のパソコンはなぜか接続できず、気を取り直してダイヤルアップで
インターネット接続にトライ。

 

さすがに、こちらは問題なし。 さっそく e-mail開始。

 

 

時差は13時間もあるんですね。

 

日本では、すでに朝食も終わって、子供らを学校に送り出しているのに
こちらでは、その前日の夕食が終わったところ。

 

あらためて、今日一日の長さを感じます。


No.029 さすがニューヨークのステーキ関連ページ

No.028 初めての東海岸
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.030 相手の社長と1日べったり
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.031 ワシントンへ出発
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.032 ワシントン行きの飛行機が欠航
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.033 ようやくワシントン ロナルド・レーガン空港へ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.034 朝のCNNテレビ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.035 ボルチモアの街と食事 − タクシー事件
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.036 ワシントン − スミソニアン博物館、議事堂からホワイトハウス
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.037 ロナルド・レーガン・ビルディングでE−Gov視察
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.038 ワシントン・ダレス国際空港から西海岸サンフランシスコへ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.039 今回のサンノゼのホテルは、フェアモントホテル
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.040 会社の出張で、なぜラスベガス?
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。