No.033 ようやくワシントン ロナルド・レーガン空港へ

ビジネス英語の話す力・聴く力を最短距離で身につける
無料で全機能使い放題(7日間)
↓   ↓   ↓
スタディサプリ ENGLISH
リクルート提供 会員数8万人突破

No.033 ようやくワシントン ロナルド・レーガン空港へ

前に記事に書きましたように、6時半の出発アナウンスを受けて
乗客全員が、いっせいに飛行機に乗り込みます。

 

私たちも機内に入ると、2時間ほど前と同じように
座席の上のラック(荷物棚)に手荷物を納め、席に座りました。

 

 

が、なかなか飛行機は動き出しません。

 

やっぱり今回もだめか?

 

 

となりの席の同僚も、「ダメですかねえ」などと
早くも、不安を口にします。

 

あとで聞いた話しですが、このとき少し離れた席に座っていた
コーディネーターさんの前列の、2人のアメリカ人が、

 

この飛行機が、本当に“飛ぶ”、“飛ばない”で
賭けをしていたそうです。

 

 

うーん、余裕だなあ。

 

確かに、ニューヨーク−ワシントン間のコミュータ便ですから、
日本の感覚で言えば、通勤電車が止まった程度のものなのでしょうか。

 

 

19時5分過ぎ、ようやく飛行機が動き出しました。

 

今回は、ホントに飛ぶまで、しっかり見とどけるため、
窓の外をじっと見てます。

 

 

と、しばらくしたら飛行機が止まり、方向転換し
反対方向に動き出します。

 

 

あれっ、またダメ?

 

と思いましたが、滑走路を変更しただけのようです。

 

 

19時25分、ついに、ニューヨーク・ラガーディア空港
(La Guardia (LGA))を離陸。

 

 

しばらく飛んだら、すぐに雲が無くなり、拍子抜けするほど まっ青な空、
非常にいい天気でした。

 

すると、あの雷雨は、夕立と言うか、通り雨ならぬ
通り雷雨だったようですね。

 

 

それにしても夏時間のためか、この時間(19時半〜20時)でも
まるで昼間のように明るいのです。

 

これはちょっと驚きでした

 

おかげで、ワシントンに着くまで、眼下の風景を楽しむことができました。

 

 

やがて20時5分、ワシントンの空港(Ronald Reagan National(DCA))着陸。
20時半ごろようやく飛行機から降りることができました。

 

結局、約2時間半遅れ。

 

その後タクシー(cab)で、都心部のホテルに向かいます。

 

 

夜も9時近くになれば、さすがに暗くなってきます。

 

間もなく、ライトアップされたリンカーン記念堂が
目に入ってきました。

 

 

ようやくワシントンです。

 

ホテル到着後、みんなで、近くのシーフードレストランへいって
遅い夕食を食べました。

 

ニューヨークでの、朝の会食から始まり、ホントに長い1日でした。


No.033 ようやくワシントン ロナルド・レーガン空港へ関連ページ

No.028 初めての東海岸
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.029 さすがニューヨークのステーキ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.030 相手の社長と1日べったり
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.031 ワシントンへ出発
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.032 ワシントン行きの飛行機が欠航
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.034 朝のCNNテレビ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.035 ボルチモアの街と食事 − タクシー事件
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.036 ワシントン − スミソニアン博物館、議事堂からホワイトハウス
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.037 ロナルド・レーガン・ビルディングでE−Gov視察
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.038 ワシントン・ダレス国際空港から西海岸サンフランシスコへ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.039 今回のサンノゼのホテルは、フェアモントホテル
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.040 会社の出張で、なぜラスベガス?
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。