No.034 朝のCNNテレビ

ビジネス英語の話す力・聴く力を最短距離で身につける
無料で全機能使い放題(7日間)
↓   ↓   ↓
スタディサプリ ENGLISH
リクルート提供 会員数8万人突破

No.034 朝のCNNテレビ

昨日は、飛行機でバタバタしましたが、無事ホテルに着いて、
近くのシーフードレストランで、ワイワイガヤガヤと、かなり遅い夕食をとって、
ぐっすり眠ったら、静かな朝を迎えました。

 

取りあえず、1階まで降りて、パンとコーヒーだけの簡単な朝食を
すませて部屋にもどります。

 

 

出かけるまでに少し時間があったので、英語の聴き取りの練習も兼ねて
部屋で、ぼーっとCNNを見ます。

 

 

日本でも、朝のこの手のニュース番組では、画面のはじに現在時刻が
表示されていますが、アメリカでも同じでした。

 

アメリカは、国内に時差があるので当然と言えば当然なのですが、
4種類の標準時が表示されます。

 

ET( EST:Eastern Standard Time 東部標準時 )
CT( CST:Central Standard Time 中央標準時 )
MT( MST:Mountain Standard Time 山岳部標準時 )
PT( PST:Pacific Standard Time 太平洋標準時 )

 

と、なぜか2文字の略号で表示されるのですが、ETが最も早く
太平洋岸とは、3時間も時差があります。

 

以前行ったことのあるシリコンバレーでは、まだみんな眠ってるんだなあ、

 

この国の多くの人々は、いつもの生活を送りながら、頭の中で
しょっちゅう時刻の換算をやってるんだなあ

 

と、あたりまえのことに感心したりします。

 

 

で、ぼんやり見てたら、

 

いきなり、画面いっぱいのアメリカの地図の上に、何か白い小さいものが、
いっぱいウジウジうごめいている図が、目に飛び込んできました。

 

 

え!? ウ○ムシ? まさか。

 

 

半分眠い目をこすってよく見たら、その白い小さいものは
飛行機の形になってました。

 

白い紙か何かを、飛行機の形に切ってあるようです。

 

 

そうなんです。

 

これは、アメリカ全体の飛行機の運航状況を、ひと目で眺められるように
したものだったんです。

 

 

確かにアナウンサーは、空港や路線の名前を出して、ボストン、ニューヨーク
アトランタ、ダラスなど、各空港の運行の状況を、“30分遅れ”などと
リポートしています。

 

日本なら、さしずめ、高速道路や幹線道路の渋滞状況を伝えている感覚
でしょうか。 さすが飛行機の国です。


No.034 朝のCNNテレビ関連ページ

No.028 初めての東海岸
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.029 さすがニューヨークのステーキ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.030 相手の社長と1日べったり
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.031 ワシントンへ出発
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.032 ワシントン行きの飛行機が欠航
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.033 ようやくワシントン ロナルド・レーガン空港へ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.035 ボルチモアの街と食事 − タクシー事件
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.036 ワシントン − スミソニアン博物館、議事堂からホワイトハウス
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.037 ロナルド・レーガン・ビルディングでE−Gov視察
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.038 ワシントン・ダレス国際空港から西海岸サンフランシスコへ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.039 今回のサンノゼのホテルは、フェアモントホテル
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.040 会社の出張で、なぜラスベガス?
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。