No.038 ワシントン・ダレス国際空港から西海岸サンフランシスコへ

ビジネス英語の話す力・聴く力を最短距離で身につける
無料で全機能使い放題(7日間)
↓   ↓   ↓
スタディサプリ ENGLISH
リクルート提供 会員数8万人突破

No.038 ワシントン・ダレス国際空港から西海岸サンフランシスコへ

ワシントンでの用事も終わり、予定通り西海岸へ移動します。
ホントに今回は、飛行機による移動が多い出張です。

 

 

ニューヨークから来たときと違って、今回は、郊外のダレス空港(Dulles
International((IAD))を利用します。

 

ダレス空港まで、フリーウェイを、ずーっと走ります。

 

 

そこで気づいたのですが、同じフリーウェイでも、西海岸の101とは
沿線の風景が、かなり違います。

 

101の両側は、夏に行くことが多いからかも知れませんが、

 

どちらかと言うと、茶系のいろどりの荒涼(失礼)とした平地が広がり、
その向こうに、やっぱりこれも赤茶けた山々が望める、といった印象でした。

 

でも、ここワシントン郊外のフリーウェイの両側は、見渡す限り
緑の深い森林が続いているのです。

 

野生のリスとか、シカなども多いそうで、落ち着いた心やすらぐ眺めでした。

 

 

さて、このダレス空港から、サンフランシスコ空港(SFO)まで
飛んでいるあいだ、窓から下を眺めていたのですが、ほんとに広い国です。

 

最初のうちは、見渡す限りの広大な畑がえんえんと飽きるほど続き、
その次は、雪をかぶった山岳地帯がまた長々と続き、それを越えたら
今度は砂漠が ずうーっと続くのです。

 

アメリカシリコンバレー出張訪問記

 

アメリカシリコンバレー出張訪問記

 

アメリカシリコンバレー出張訪問記

 

海岸近くになって、ようやく町並らしいものが増えてきた、と思ったら
グイッと右に旋回し、サンフランシスコ空港に到着するという感じです。

 

アメリカシリコンバレー出張訪問記

 

時差も実感します。

 

時刻表の上では、ダレス空港 14:40発、サンフランシスコ空港 17:10着なので
2時間半のフライトです。

 

しかし、私の腕時計では、サンフランシスコ着は、20:10。
時差が3時間もあるので、実際には、5時間半も飛んでたのです。

 

移りゆく風景、時差、飛行時間などなど、あらためてアメリカの国土の
大きさを実感したフライトでした。

 

 

 

<おまけ>

 

同行したコーディネータさんの知人が、サンフランシスコ空港に
車で迎えにきてくれたのですが、小さな発見をしました。

 

その人は、飛行機に預けた荷物を受け取るターンテーブルの脇で
待っててくれてたのです。

 

あれっ、出迎えの人って、そんなところまで入れるんだっけ?

 

まあ、入れるから入れたのでしょうが、他の空港では見たことが
ありませんでした。 私が無知なだけ?


No.038 ワシントン・ダレス国際空港から西海岸サンフランシスコへ関連ページ

No.028 初めての東海岸
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.029 さすがニューヨークのステーキ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.030 相手の社長と1日べったり
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.031 ワシントンへ出発
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.032 ワシントン行きの飛行機が欠航
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.033 ようやくワシントン ロナルド・レーガン空港へ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.034 朝のCNNテレビ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.035 ボルチモアの街と食事 − タクシー事件
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.036 ワシントン − スミソニアン博物館、議事堂からホワイトハウス
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.037 ロナルド・レーガン・ビルディングでE−Gov視察
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.039 今回のサンノゼのホテルは、フェアモントホテル
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.040 会社の出張で、なぜラスベガス?
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。