No.039 今回のサンノゼのホテルは、フェアモントホテル

ビジネス英語の話す力・聴く力を最短距離で身につける
無料で全機能使い放題(7日間)
↓   ↓   ↓
スタディサプリ ENGLISH
リクルート提供 会員数8万人突破

No.039 今回のサンノゼのホテルは、フェアモントホテル

懐かしい(と言うほど、行ってませんが)シリコンバレーです。

 

今回は、いつもと違って、サンノゼ市内のフェアモントホテル
泊まることになります。

 

アメリカシリコンバレー出張訪問記

 

見た目は大きくて立派、ホテル内も、とても豪華な感じなんですが、
提携ホテルとかで安く泊まれるので、こっちになりました。

 

 

室内も、とても広くて、1人1室は、もったいない気がしました。

 

アメリカシリコンバレー出張訪問記

 

さて、サンフランシスコ空港着が、すでに17時10分だったので
今日は仕事は無しで、さっそく夕食です。

 

 

地理不案内ということもあり、

 

ホテルの横というか、ホテルの一部になってるレストランに
入って、ワインも注文したりして、食べ始めました。

 

 

シーフードを中心としたレストランで、
濃い緑のシンボルカラーが、気になってたのですが、

 

店の名前を見て、ようやく気づきました。

 

 

  McCormick & Schmick's Seafood Restaurant

 

 

そうなんです。

 

昨日、ボルチモアで、外人さん2人とランチを食べた
レストランと、同じ店(チェーン店)でした。

 

あのとき2人は、「ボルチモアで、一番シーフードが旨い店」
などと紹介してくれたので、

 

ボルチモアならではの、ボルチモアにしか無い店だと
解釈してたのですが、

 

なあーんだ という感じですね。

 

 

タクシーの件といい、どうも、あの2人には、
適当にあしらわれた感が、いなめないです。

 

とくに、あのITベンダーさんから見れば、私たちは、
「顧客」のはずなんだけど。


No.039 今回のサンノゼのホテルは、フェアモントホテル関連ページ

No.028 初めての東海岸
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.029 さすがニューヨークのステーキ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.030 相手の社長と1日べったり
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.031 ワシントンへ出発
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.032 ワシントン行きの飛行機が欠航
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.033 ようやくワシントン ロナルド・レーガン空港へ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.034 朝のCNNテレビ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.035 ボルチモアの街と食事 − タクシー事件
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.036 ワシントン − スミソニアン博物館、議事堂からホワイトハウス
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.037 ロナルド・レーガン・ビルディングでE−Gov視察
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.038 ワシントン・ダレス国際空港から西海岸サンフランシスコへ
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。
No.040 会社の出張で、なぜラスベガス?
1人の出張者として、言葉の壁にぶつかりながらも、ちょっと新鮮に感じた「アメリカ」をお伝えしていきます。