IT系サービスベンダーに勤める、どこにでもいるサラリーマンです。

「英語」、「英会話」と聞くだけで頭が痛くなる人間なのに、仕事の関係で、急にアメリカ・シリコンバレーに出張することになり、その後も時々、アメリカに出張するようになりました。

やはり国が違えば文化も違いますし、言葉の壁もあります。

1人の出張者として、怖気づきながらも、ちょっと新鮮に感じたアメリカの風景をお伝えします。

No.007 カラッとカリフォルニア!

ところで、行ったのは西海岸カリフォルニアはシリコンバレー。

気候的には、言われている通り カラッとしてました。

まあ、8月下旬ですから、当然すっごく暑かったです。

真っ青な空に雲ひとつ無く、ジリジリと日(ひ)が照りつけます。

でも、木陰に入ると意外に涼しい。

東京とか、ふるさとの名古屋に比べて、湿度の違いを感じます。

(日本の、特に大都市の夏は、厳しいですよねえ)

しかし、不思議なことに、車で30分ほどのサンフランシスコまで行くと、思ったほど暑くないのです。

特に夜は涼く、半袖の人に混じって、長袖の人、上着を着てる人をたくさん見かけました。

海岸だけあって、太平洋を北から流れてくる寒流(カリフォルニア海流)の影響らしいです。

全体的には、カリフォルニアは、年間を通して温暖で、すごしやすいところです。

と、現地に移り住んだ日本人の方が、言ってました。

 

そんな気候のせいか、それに影響された人々のせいか、ビジネスのときの服装も、かなりラフです。

日本なら、ビジネスの場では、派手でないスーツにネクタイが当たり前。

というか、これ以外の選択肢はありません。

アメリカでも、ニューヨークなどの東海岸ではスーツ or ブレザー & ネクタイらしいです。

しかし、ここカリフォルニアでは、そんなことはありません。

普段着のようなものでOKなのです。

実を言うと、初日は日本でのようにスーツ姿で、2~3社回りました。

しかし、行く先々の人たちは皆、半袖のポロシャツにチノパンというイデタチなのです。

現地のアメリカ人の会社ばかりではありません。

日本人ばっかりの、日本の会社の現地法人でも、「おっ、皆さん ちゃんとした格好ですね。」などと言われてしまいました。

非常に「場違い」というか「浮いてる」という感じです。

さっそく2日目からは、普段着に変えて、事なきを得ました。

 

<おまけ>

その後は、堂々とポロシャツ、チノパンで、あちこち訪問を続けたのですが、何日目かに行ったある会社(アメリカ人の会社)では、全員 スーツにネクタイで出てこられ、こちらが当惑してしまいました。

あとで聞いたところ、あっ 当然 私ではなく英語のできる同僚が聞いたところ

「日本から大事なお客さんが来るというので、
皆 スーツ&ネクタイにしたんだ。
普段、ネクタイなんかしないよ。」

でした。

ま、こういうこともある ということで。

コメント