IT系サービスベンダーに勤める、どこにでもいるサラリーマンです。

「英語」、「英会話」と聞くだけで頭が痛くなる人間なのに、仕事の関係で、急にアメリカ・シリコンバレーに出張することになり、その後も時々、アメリカに出張するようになりました。

やはり国が違えば文化も違いますし、言葉の壁もあります。

1人の出張者として、怖気づきながらも、ちょっと新鮮に感じたアメリカの風景をお伝えします。

No.008 シリコンバレー風ランチ

訪問先の中に、シスコ(Cisco)という会社がありました。

IT業界に身を置く人なら、知らない人はいない、ネットワーク機器の大手です。

世界中のネットワークのルータの、かなりの部分がシスコ製だと思います。

そこの本社を訪ねたのですが、とにかく広いのです。

もともと、シリコンバレー地区は、大体どこも広々ゆったりしたした風景で、そこに散らばるITベンチャーは、Oracle、BEAなど有名な大手を除けば、平屋の建物であることが多いです。

それにしても、シスコは、やはり別格。

広大な敷地の中に、同じデザインのビルがたくさん点在しているのです。

10棟以上あったような気がします。

現地では、まさにその名も「Campus」と呼ばれているようで、確かに、大きな大学を思わせる眺めでした。

 

案内されたのは、訪問者用のビルで、会社の歴史や製品が展示してある傍らに並んでいる部屋の1つでセミナーを受けるのです。

英語という点からすると、かなりの緊張感。

だって、小さな静かなセミナー室に私たち5人と、講師2人。

もちろん全て英語です。

目の前のプレゼン画面を見ながらなので なんとなく分かるものの、これがもし、話しだけだったら なかなか理解できるものではありません。

講師から話しかけられはしないか、ハラハラドキドキでした。

 

それはさておき、訪問したのは午前だったのですが、事前に見ていたアジェンダ(agenda)では、セミナーの後に「Lunch」と書いてあるのです。

やったー! 昼はご馳走してもらえる!

なので、セミナーが終わったら、食堂かどっかへ移動するのかなと思っていたのですが、全然違ってました。

もともとセミナーが始まるときに、すでに部屋の後ろのテーブルにはコーヒーポットや、ペットボトル入りの飲み物が置いてあって、自由に飲めるようになってはいたのですが、

昼近くになったら、今度はベーグルとか、そういうお菓子っぽいパンが運ばれてきて、同じテーブルに並べられたのです。

で、セミナーの途中で講師から

「自由に食べながら聞いてください」

と言われたのです。

え? という感じなのですが、確かに合理的といえば合理的。

 

このスタイルは割と一般的らしく、その後訪れたうちの何社かはこんな感じで、ミーティング中、飲み物は各自、自由に取って飲むというところが多かったです。

しかも、ペットボトルの飲料は意外に水(ミネラルウォーター)が多かったりして、合理的というか健康的と言うか。

今では、日本でもIT系イベントでは、ミネラルウォーターは一般的ですが、このころは、珍しかったです。

ある会社では、ミーティング中に1人1個ずつ、とても大きなサンドイッチとペットボトル飲料を出されました。

また、Intelでも、相手方の偉い人(確かVice President)が、サンドイッチをほお張りながら説明してくれたことがありました。

まあ、そのときは、午前9時とか10時とかいう時間帯で、訪問者である私たちも含めて、他の人たちは誰も食べてませんでしたが..

この手の会社は、個人個人の時間が、かなり自由なのかも知れません。

コメント