IT系サービスベンダーに勤める、どこにでもいるサラリーマンです。

「英語」、「英会話」と聞くだけで頭が痛くなる人間なのに、仕事の関係で、急にアメリカ・シリコンバレーに出張することになり、その後も時々、アメリカに出張するようになりました。

やはり国が違えば文化も違いますし、言葉の壁もあります。

1人の出張者として、怖気づきながらも、ちょっと新鮮に感じたアメリカの風景をお伝えします。

東海岸&西海岸

No.040 会社の出張で、なぜラスベガス?

今回の出張ではニューヨーク、ワシントンで何ヶ所か訪問した後、なじみの西海岸シリコンバレーに飛んできました。ここでもいくつかの訪問先を回り、さていよいよ今回の出張の最終目的地に飛びます。なんと、ラスベガスでした!  Las Vegas !!
東海岸&西海岸

No.039 今回のサンノゼのホテルは、フェアモントホテル

懐かしい(と言うほど、行ってませんが)シリコンバレーです。今回は、いつもと違って、サンノゼ市内のフェアモントホテルに泊まることになります。見た目は大きくて立派、ホテル内もとても豪華な感じなんですが、提携ホテルとかで安く泊まれるのでこっちになりました。
東海岸&西海岸

No.038 ワシントン・ダレス国際空港から西海岸サンフランシスコへ

ワシントンでの用事も終わり、予定通り西海岸へ移動します。ホントに今回は、飛行機による移動が多い出張です。ニューヨークから来たときと違って、今回は郊外のダレス空港(Dulles International((IAD))を利用します。ダレス空港まで、フリーウェイをずーっと走ります。そこで気づいたのですが、同じフリーウェイで
東海岸&西海岸

No.037 ロナルド・レーガン・ビルディングでE-Gov視察

ワシントン2日目の午前は、そのとき開催されていた、E-Govという電子政府関連のカンファレンス&展示会を、軽く視察します。場所は、ワシントン市内の、ロナルド・レーガン・ビルディング(Ronald Reagan Building and Ineternational Trade Center)それにしても、空港とか建物とか、ロナルド・レーガン
東海岸&西海岸

No.036 ワシントン - スミソニアン博物館、議事堂からホワイトハウス

ボルチモアでの用件も無事に終わり、タクシーでワシントンに戻ってきました。少し時間があったので、1人のメンバの希望でスミソニアン博物館を見学しました。もちろん、公(おおやけ)にはナイショ、ナイショ。入り口では、ガードマンに「Photo ID!」と言われ、パスポートを提示します。持ってたショルダーバッグ
東海岸&西海岸

No.035 ボルチモアの街と食事 - タクシー事件

さて、今日のワシントンでの用事は、私たちの会社が取引しているITベンダーさんの装置が納入されているユーザさんの視察でした。でも、このユーザさん、ワシントンじゃないんですね。ワシントンからニューヨーク方向に少し戻った、ボルチモア(Baltimore)というところにありました。この距離なら日本なら電車
東海岸&西海岸

No.034 朝のCNNテレビ

昨日は、飛行機でバタバタしましたが、無事ホテルに着いて、近くのシーフードレストランで、ワイワイガヤガヤと、かなり遅い夕食をとって、ぐっすり眠ったら、静かな朝を迎えました。取りあえず、1階まで降りて、パンとコーヒーだけの簡単な朝食をすませて部屋にもどります。出かけるまでに少し時間があったの
東海岸&西海岸

No.033 ようやくワシントン ロナルド・レーガン空港へ

前に記事に書きましたように、6時半の出発アナウンスを受けて乗客全員が、いっせいに飛行機に乗り込みます。私たちも機内に入ると、2時間ほど前と同じように座席の上のラック(荷物棚)に手荷物を納め、席に座りました。が、なかなか飛行機は動き出しません。やっぱり今回もだめか?となりの席の同僚も、
東海岸&西海岸

No.032 ワシントン行きの飛行機が欠航

ようやく飛行機に乗り込み、ホッとひと息。しかし、出発予定時刻になっても、飛行機は全く動く気配がありません。窓の外を覗くと、前の方に飛行機が何機もつながって順番待ちしているのが見えました。なんだ、これじゃ当分 動かないなあ。そんなことを考えながらも窓の外は穏やかな、いい天気。17時を少し過
東海岸&西海岸

No.031 ワシントンへ出発

ようやく、あの社長から逃れて、ゲートから中に入ります。が、ここで思わぬことが。現地コーディネータさんを除く私たち3人が、入念なボディチェック、手荷物チェックを受けてしまったのです。大の字(これ 英語でなんて言うんだろう?)の形に立たされて、検知器の金属の輪っかで、身体全体をチェック。右手、