No.035 ボルチモアの街と食事 - タクシー事件

さて、今日のワシントンでの用事は、私たちの会社が取引しているITベンダーさんの装置が納入されているユーザさんの視察でした。

でも、このユーザさん、ワシントンじゃないんですね。

ワシントンからニューヨーク方向に少し戻った、ボルチモア(Baltimore)というところにありました。

この距離なら日本なら電車を使いますが、アメリカですから当然、車でフリーウェイです。

ボルチモアへ向かうタクシーでは、私はたまたま助手席だったんですが、怖いぐらい飛ばしてました。(実際、怖かった)

 

さて、ようやく到着したユーザさんのところで、取引先のITベンダーの担当者とも合流。

ここで、いろいろ説明を受けたり、機器や設備を視察したらちょうど、お昼時。

ユーザさんのIT担当の人の車と、先ほどのITベンダーさんの車に分乗して、ボルティモアの市街地に出かけました。

狭い土地にビルがひしめき合ってるサンフランシスコに比べて、ボルチモアの街は道幅も広く、ゆったり広い感じがします。

 

さて、ランチを食べに行ったのは、港に面したシーフードの店「McCormick & Schmick’s Seafood Restaurant」

下の写真は、このお店の目の前から見える海です。

最初は、屋外のオープンエリアに席を取ったのですが、途中から雲行きが怪しくなり、屋内に入りました。

ありがちな、ピザというか、タコスのようなものを注文したのですが、味は、うーん、まあまあですかね。

ここで、車の2人とは別れ、私たち日本人だけで、ワシントンに戻ります。

 

ただ、ちょっとここで、後味の悪いことが..

ITベンダーの人が、私たちのためにレストランから電話で、タクシーを呼んでくれたんですが、そのタクシーが、なかなか来ません。

その場の会話も、だんだん少なくなり、雰囲気もイマイチの状況に..

と、ようやくタクシーが1台、現れました。

おー、来た来た、あれだあれだ、とベンダーさんに言われ、さっさとタクシーに乗せられ、バイバイッと別れました。

が、動き出してから分かったのですが、そのタクシーは私たちのために呼ばれたタクシーでは
ありませんでした。

きっと、外人さん2人は、私たちとのランチを早く終わらせたくて、最初に現れたタクシーに、これ幸いと、適当に言って私たちを乗せてしまったんですね。

実際、レストランでは、カード払い可のタクシーを頼んだはずだったのに、このタクシーは現金払いのみでした。(⇒注)

おかげで、ワシントンに到着するころ、メンバみんなの財布の中から、なけなしのドル札をかき集めて、支払うことになってしまいました。

 

注)

外国からの旅行者である私たちは、あまり現金を持ちあわせていないということもありますが、帰国後の会社への請求などで、領収書などが必要になることを考えて、ちゃんと書類が残るクレジットカードを多用してました。
ですから、タクシーに乗る際も、いつも、カード払い可能なタクシーに乗ることにしてました。

コメント