IT系サービスベンダーに勤める、どこにでもいるサラリーマンです。

「英語」、「英会話」と聞くだけで頭が痛くなる人間なのに、仕事の関係で、急にアメリカ・シリコンバレーに出張することになり、その後も時々、アメリカに出張するようになりました。

やはり国が違えば文化も違いますし、言葉の壁もあります。

1人の出張者として、怖気づきながらも、ちょっと新鮮に感じたアメリカの風景をお伝えします。

No.026 続続 レストランで会食

書き忘れましたが、このときのディナーのメインディッシュは、ステーキでした。

よーく思い出してみると、前回のアメリカ出張では、和食や中華が多くて、そういえばステーキは食べていません。

なので、今回のステーキが、アメリカでの初ステーキです。

そして、この数日後に、別の交渉相手と、別のレストランでまたステーキを食べることになります。

 

2回 食べての印象は、

「アメリカのステーキって、なんでこんなに硬くてパサパサなんだ? 」

でした。

両方とも、ちゃんとしたレストランなのに、なぜか肉が硬めでパサパサ。

ギザギザの付いたナイフで ごしごし切って食べます。

これでは、ソースなどの液体をかけないと、とっても食べにくいです。

ステーキといえば、アメリカの代表的な料理の1つかと、自分で勝手に思ってましたので、ちょっとがっかりでした。

日本人の方々と食事に行くときは、なぜか和食や中華が多い理由がよくわかったような思いです。

 

それにしても、アメリカの代表的な料理って、なんなんでしょうね?

ハンバーガーとか、ジャンクフードみたいなもの?

(写真は、フィッシャーマンズワーフで、同僚が注文したハンバーガーセット)

でもこういうものは、特に「おいしい」とか、感想を述べるようなものではなさそうだし。

アメリカの家庭料理によく出てくるらしい、マッシュポテトとか、ブッシュ大統領が好きだったという、なんとかビーンズ、同じくノドにつまらせたというプレッツェルあたりが やや庶民的ではありますが特徴的な食べ物なのでしょうか。

そのいずれも、まだお目にかかってませんので、よく分からないのですが、どんなもんでしょう。

 

そういえば、代表的な料理かどうかは別にして、サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフあたりで食べるシーフードは、なかなかいいですね。

前回の出張でも食べに行きましたし、今回も行きました。

あれは確かにおいしかったです。

いか(calamary)のリング揚げのような揚げ物は、ややジャンクフード風ですが、個人的には好きです。

みなさんは、アメリカで何を食べますか?

コメント